「高橋五輪選出の“逆転”はなぜ起きたか」に異論はあるか?: ステファノブログ-スポーツ道-

2013年12月25日

「高橋五輪選出の“逆転”はなぜ起きたか」に異論はあるか?

高橋五輪選出の“逆転”はなぜ起きたか “言葉足らず”のフィギュア選考基準

今回の選考に限って言えば、特に不可解な点は
無かったと思うで。

 (1)1人目は全日本選手権の優勝者が決定。
 ※ 文句無しの羽生

 (2)2人目は、全日本の2、3位、GPファイナルの日本人表彰台最上位者を含めて選考する。
 ※ 町田、小塚、羽生(織田)が該当し、順当に町田

 (3)3人目は、(2)で漏れた選手と世界ランク日本人上位3人、ISU公認の今季ベスト日本人上位3人の中から選考を行う。
 ※ 小塚、羽生(高橋)、羽生(高橋)が該当し、どっちを選ぶかで議論となった

選考基準に準じた選考やし、何の疑問も無い。
逆に言えば小塚が選ばれたとしても何の疑問も無い。

自動的に選考できるシステムなんてあり得へん。
だって、最終的には「五輪で勝つ」ことが目的なんやから、
総合的判断の余地があって然るべきやんか・・・なぁ?
posted by ステファノ at 21:18| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。