F1 (5): ステファノブログ-スポーツ道-

2014年04月21日

戦いはヨーロッパラウンドへ

ハミルトン止めらんねぇ!
ロズベルグも相手になんねぇ!
そのロズベルグにアロンソは空気の様に抜かれる・・・

いやはや、なんとも・・・。
シーズンの行方はヨーロッパラウンドに期待を。


今回も気になるのはチームメイトバトル。
メルセデスは前述の通りですが。

今回の注目は、やはりレッドブルでしょ?
「セバスチャン、君はマークより速い」
を、前提に聞いてきたチームオーダーを
「ダニエルは君より速い」で出された訳で。

シーズン序盤であること。
4、5位辺りを争う話であること。
明らかに遅かったこと。
ベッテルも引く条件が揃ってましたが、
次に迎えるシチュエーションは如何に。

上位2チームは勢いとポイントランクがリンクしない
微妙な情勢ですが、
名門フェラーリの最強コンビには明暗が・・・

マシンで劣るロータスを、抜群の安定感で運んできた。
そんなライコネンの印象は、
同じくマシンで劣るフェラーリを
抜群の安定感で推進する
アロンソの前で霞みまくってます。

インドはヒュルケン、
ロータスはグロージャン、
ケータハムは可夢偉、
この辺りが圧勝組かな。

チームメイトバトルとは違うけど、
可夢偉VSマルシャも、日本人的には面白い。

だから邪魔すんな、中国!
posted by ステファノ at 23:04| Comment(4) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

今年の注目ポイントは?

私のブログをリンクしていただいている
数少ないお方のお1人が、
装いも新たにブログを更新していました。

だ、だから慌てて更新してるんちゃうで!

いつだって「更新するぞ!」って思ってるんやで!

手が動いてないだけやで!


さて、今年のF1も3戦を終え、
何となく見どころが定まってきた気がします。

ドライバーズチャンピオンシップ?
それはハミルトンや。

コンストラクターズタイトル?
それはメルセデスや。

・・・
だからそれはエアロスミスや。


じゃなくて、チームメイトlバトル。

メルセデスの2人は言うに及ばず、
レッドブルとか、マクラーレン、ウイリアムズなんか、
若手が良いからなかなかに面白い。

それでもポイントランクはベテランがしっかり押さえている。
(えっ、マッサ・・・?)

インディアも、あんなに良い走りを続けてる
ニコヒュルより先にペレが表彰台に乗っちゃった。
(ブラジルW杯の話やないで)

最下位争いも可夢偉が絡んでるから楽しく見られる。
チルトンがビアンキより良いのも意外でオモロい。

しいて言えばフェラーリはもう少し高次元の対決が見たい。
そしてロータスもある意味次元の違う戦いを楽しみにしてたのが本音(微笑)


エンジン音とか、不評みたいやけど、
レースそのものは結構、今年のF1は楽しいね。
posted by ステファノ at 22:03| Comment(4) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

F1GP2014 開幕戦

レギュレーションの大幅改正により、勢力図の劇的な書き換えが予想された今季。

果たしてその結果は、大勢を変えると言うよりは、一部のチームに劇的な被害をもたらしたって感じやろか?

前年2位のメルセデスの躍進は想定通り。
レッドブルの不振も戦前の予想ほどではない。
フェラーリの微妙な感じもある意味想定通りw

変化を感じたところで言えば・・・
ウイリアムズの飛躍。
ロータスが瀕死。

ザウバー、トロロ、インド辺りは年間で見ないと分からん。


ドライバーズチャンピオンシップという点では、
ハミルトンが行ってまいそうやな、と。

当然、ロズベルグも対抗なんやけど、
去年も意外にハミルトンの方が安定してたし、
何よりチャンピオンの獲り方を知っている。
(超ギリやったけど)

チームとして対抗しそうなのが、今のところ不透明。
レッドブル、マクラーレン、ウイリアムズ、
それぞれがメルセデスをねじ伏せる力は持ってなさそう。

あとは、総じて言えることやけど信頼性も左右するかな。
思ったよりリタイアが無くて驚いたけど。


可夢偉は非常に残念。
雨絡みの予選を上手く切り抜けたんやけど、
マシントラブルじゃしゃーない。

ただ、思ったよりみんな信頼性高いから、
結構痛いんちゃうかな。

マルシャ完走したし。


最後にエンジン音。
ブロロロ・・・って感じやったね(苦笑)
でも、そんなに気にならんかったかな。
サーキットで聞いたら違和感満載やろうけど、
レースに集中して見てる分にはね。

ただ、オンボードん時がテキメンやなぁ。
posted by ステファノ at 09:05| Comment(2) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。