格闘技 (4): ステファノブログ-スポーツ道-

2013年07月12日

昨日の今日やぞ・・・

興毅「進退」発言撤回…勝つの当たり前

いや・・・、そうじゃなくてやね。

勝つのは前回も勝ったやん。
判定が怪しいのは置いといて。

内容を問う一戦として、進退をかけるんじゃないの??
転ばぬ先の杖をついたとしか思えんわ。

多分、勝つやろうけど、圧倒的KOとなると
安易には言えんわね。

それなら最初から進退を・・・とか言わなんだら
良かったのになぁ。。。
posted by ステファノ at 18:03| Comment(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

良い傾向だと捉えたい

タイヤの話じゃなくて、レースの話がしたい。
どーも、ステファノです。


亀田の次男がIBF王座に挑戦するらしいですね。

挑戦って言うか、空位になった王座を4位と争うそうですが。

亀田と言うと、不審な判定など、胡散臭い結果を想像しますけど、
WBOに挑戦する三男も含めて、WBA離れするのは良いことではないでしょうか。

特に長男は、亀田ブランドのイメージを一身に背負っており、
石橋を叩くマッチメイクと、絶対に負けてはいけない感を出していますが、
次男は内藤戦以来、結構、ポコポコと負けています。

だからと言う訳でもないでしょうけど、次男はガチ感が強い気がします。

それはマッチメイクだけでなく、試合の進め方も含めて。
まぁ、そういう試合運びができないくらい未熟とも言えるかもですが。

今さら言わずもがなですが、WBAの胡散臭さといったら、
ボクシング界でも有名ですから、他団体のタイトル獲得に方向転換しているのは
良い傾向だと思うのです。

IBFとWBOが第二、第三のWBA化するだけだったらガッカリですけどね。。。
posted by ステファノ at 18:30| Comment(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

10回の防衛より・・・

井岡V1「伝説のボクサーになりたい」/BOX

 WBAダブル世界タイトルマッチ(8日、大阪・ボディメーカーコロシアム、観衆=8800)タイからの刺客をリングに沈めた。世界Lフライ級王者・井岡一翔(24)=井岡=が、同級2位のウィサヌ・ゴーキャットジム(29)=タイ=に9回、強烈な右ボディーを見舞い2分51秒KO勝ち。初防衛を果たした。国内最速となる14戦目での3階級制覇に、年内にも挑む。世界ミニマム級王者・宮崎亮(24)=井岡=も5回TKO勝ちで初防衛に成功し、日本ジム所属の男子世界王者は7人のまま。(サンケイスポーツ)



1回の伝説。

ロマゴンとね。
posted by ステファノ at 18:26| Comment(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。